toggle
2014-06-14

ランニングでテンションが上がる音楽まとめ

梅雨らしく雨続きでしたが、

20140614-161837-58717984.jpg

今朝は気持ちのいい快晴。

20140614-161837-58717247.jpg

当然、朝ランです。

ランニングで聴く音楽

さて、昔、あるドラマで「ドライブで好きな曲だけ詰め込んだカセットを聴くのはダサい」というくだりがありましたが、私はそれをしてしまう男(笑)。
iTunesMatchにランニング用のプレイリストがあります。
その中でも、今日特に気持ちが盛り上がった曲を勝手にご紹介。

Saigenji サイゲンジ/走り出すように

タイトルからして、走るにはぴったりです。 足が軽くなります。
ちなみに、上の動画でフルートを吹いている渡邉勇人さんは、僕が歌い手をやってた10年くらい前に何度か共演してもらいました。 人柄的にも音楽的にも素晴らしい方。 一緒にできて光栄でした。今でも応援しています。

U2/I’ll Go Crazy If I Don’t Go Crazy Tonight

体の内からフツフツと湧き上がる感じのロックは、ただ店舗が早いだけの音楽より気合いが入ります。

ウルフルズ/ええねん

ただひたすらに自分を全肯定。

Michael Jackson/Don’t Stop ‘Til You Get Enough

ちょっと苦しくなっても、マイケル・ジャクソンに「フォー!」と叫ばれるとテンションが上ります。
自分も「フォー」したくなる衝動を抑えつつ(笑)
クインシー・ジョーンズのアレンジも素晴らしい仕事。

Mr.Children/箒星

名波や長谷部など、サッカー日本代表の選手がMr.Childrenを聴くというのは有名な話。 その気持ちがなんとなくわかりました。 (トレーニングのレベルが違いますが(笑))

Ocean Colour Scene/Traveller’s Tune

学生の頃から15年近くずっと好きな歌です。
北海道を一人旅しているときに、地平線を見ながら聴いたことを思い出し、気合いが入る一曲です。

椎名林檎/孤独のあかつき

歌詞が素晴らしく、気合いが入ります。

まとめ

一定のペースで走っているので、しんみりした曲より、やはり一定以上のテンポ感がある曲がいいです。
ただし、ハイテンションな曲ではなく、内側から勇気が湧き出るような、そんな音楽が自分にはしっくりくるようです。

さて、ランニングの後は親戚の結婚式でした。

20140614-161838-58718677.jpg

ランニングで消費したカロリー以上のご馳走を頂きました。
本当に素晴らしい式で、多くの素晴らしいスピーチと余興が心に響きました。

それにしても子どもが生まれて以来、私の涙腺はザルになってます。
感動して何度もウルウルきてしまいました。
私も子どもを一生懸命育て上げ、立派に送り出したいと強く思いました。

これからも仕事に子育てに、素晴らしい音楽に背中を押されながら走り続けます。

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事