toggle
2014-04-17

第2回【行政書士フォーラム】に参加しました。

4月12日(土)に行われた行政書士フォーラムにパネラーとして参加しました。 o0800059812907070124
(真ん中右スクリーンの右が私)
o0800059812907080872

行政書士フォーラムとは

行政書士フォーラムとは、一般社団法人行政書士の学校が主催するフォーラムです。

行政書士のメイン業務について 行政書士の学校での講師陣をお呼びして、 それぞれの業務のこと、開業からやってきたこと 失敗談や将来の展望を踏まえて パネルディスカッションをします。

昨年に引き続き2回目。 今回も大盛況で、多くの開業行政書士、開業予定者にご参加いただきました。

この業務ってどんなお客様が多いのか? どんな流れで業務を進めるのか? その業務の将来性って? 市民法務、許認可、入管、設立 それぞれの講師陣がパネルディスカッションにて 皆様から頂いたご質問に対して討論します。 また、それぞれの業務の話だけでなく 講師の開業話もぶっちゃけます。 現在実務をバリバリ活躍されている先生方の 開業話が一気に聞ける機会、 それぞれの実務について知れる機会、 他ではまずないでしょう。

私が行政書士として起業した当初、本当に手探りでした。 もし起業当初にこんなフォーラムがあったら、即参加していたと思います。

とにかく勉強

私は行政書士の学校で、毎年、交通事故業務セミナーの講師を務めておりますので、昨年に引き続き、パネラーとして参加させていただきましたが、参加者の皆様に私の経験やノウハウをお伝えすることはもちろん、一行政書士として、他のパネラーの方々の発言から、ただただ勉強させられました。

知識・情報=商品

知識や情報は、行政書士等の士業の商品のひとつです。 手続のお手間を引き受け、経営者の時間を創出することはもちろん、有益な知識や情報を提供することにより、経営者の不安を解消することも、重要な役目です。 そのために、パネラーの皆様は大変な努力をされていることが伝わってきました。 (もちろん、私もそれをしてきたからパネラーとして参加しているわけですが)

法令の原文に立ち返る

参考書の類や役所の手引をひたすら読めば、手続の概要は掴むことができ、なんとなく仕事はできます。 ただ、その先、コンサルティングまで関わっている方は、やはり法令の原文まで読み込んでいる。 私も改めて法令を読み込み直す時間を作ることにします。

ワンソース・マルチユース

ブログに蓄積していったコンテンツは、その後、無料レポートやメルマガ、出版などの土台に使うことができます。 私もブログやHPに書き溜めたコンテンツが、執筆の土台になりました。 0からの書き下ろしは相当しんどいはず。 大変助かりました。 まさにワンソース・マルチユース。

(交通事故業務を担当しました)

まとめ

特定の分野で頭ひとつ出ている方は、当たり前のことを当たり前に、地味に地道にやり続けて、そこにいます。 そんな基本に立ち返るいい機会になりました。 勉強になり過ぎて、結局、自分はパネラーだったのか受講生だったのか、よくわかりません(笑)。 最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事