toggle
2016-11-07

いやいや、4人目の末っ子が1歳になってしまった・・・

4人目の末っ子が11月で1歳になりました。
いや、なってしまった、という気分。

img_5391

可愛さしかない

上の3人が小さい頃は夫婦共働きで仕事に子育てに大変で(苦笑)、もちろん可愛かったのですが、必死さがそれを上回ってしまう時があり、、、

今は、上3人も大きくなって自分のことは自分でできるし、4人目となると自分もだいぶ慣れているので、末っ子についてはもう可愛さしかありません。
(育休中の嫁さんは僕より大変かもしれませんが(謝))

大きくならないでほしい

兄弟や親の真似をするようになったり、いたずらをして親の反応を見たり、立ってよちよち歩きをするようになったり、成長が目覚ましい今日この頃。
さすがに5人目をがんばる気はないので(笑)、赤ちゃんと一緒にいられるのはこれが最後だと思うと少し寂しい気持ちになります。

長女・長男・次男の3人は、来年で全員小学生。成長して、自分で色々できるようになってくれると本当に助かったのですが、末っ子については、「できればもう大きくならないでほしいね」なんて嫁さんと言っています。ホント、永遠の1歳でいてほしいです・・・

末っ子の存在

長女としては、下2人がうるさい男の子で、いとこ・はとこも全員男なので、ノリが合わない場面がしばしばあり、妹をほしがっていました。末っ子の妹が産まれてからは、すごくしっかりしてきて、親をいいところで助けてくれて本当に助かっています。
長男・次男も末っ子の妹をとても可愛がっています。長男は可愛がり方が濃厚すぎるので、妹から若干引かれています(笑)。次男は本当にザ末っ子のマイペースな振る舞いをしていましたが、妹が産まれて自分が末っ子でなくなって、戸惑いながらも少しずつお兄ちゃんになってきているのを感じます。
まだまだ小さい末っ子ですが、家族にとって非常に大きい存在です。

上3人に揉まれて可愛がられて、どんな子になるのか、成長が楽しみです。

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事