toggle
2017-01-09

仕事が好きだ

行政書士として起業して以来、はじめて長く休みをとってみた。
年末年始は、

  • 家の掃除をして、
  • 例年通り演出に文句を言いながら紅白を観て、
  • 妻の雑煮とおせちを頂き、
  • 両親に新年のあいさつをして、
  • 家族旅行に行き、温泉に入り、美しい富士山と星空を眺めてきた。


(富士山の白雪に紅い朝日が映る「紅富士」。iPhoneで撮影)

また、子どもたちと

  • 凧揚げをしたり、
  • 大縄をしたり、
  • サッカーをしたり、
  • スケートをしたり、

と一緒に体を動かした。

普段からできるだけ多くの時間を子どもと過ごすよう努めているが、さらに多くの時間を過ごすことができ、いつもより間近に子どもたちの心身の成長を感じることができた。

その間、仕事は毎日していたので、仕事ができなくてストレスが溜まるということも特になかった。いい休み方ができたように思う。

去年は正直に言って、いい一年に出来なかった。
プライベートではキャンプに行き、新しい楽しみを見つけることができた。
子どもの成長も実感でき、いいこともたくさんあった。
しかし、個人的には課題が残る一年だった。

反省点は「マネジメントが不十分」だったとまとめられる。

  • 忙しくしすぎた。バッファーのないスケジューリングで自分の首を締めることが多々あった。
    (多くの引き合いを頂くことはありがたいのだが、クオリティを下げては意味がない)
  • 生産性の低い仕事をしてしまった時期があった。特にマネジメントの仕事において顕著だった。
    (また、それを早期に解決できなかった。)

しかし、これらは主に昨年前半の話で、後半には改善に着手することができた。
さらには年末年始の休みで切り替えもできた。
今日から本格的に仕事始めだが、早く仕事がしたいと思う。
仕事が好きだと素直に実感することができる。

今年は行政書士法人GOALとしての新しい取り組みが目白押し。
上記の反省が活かされる一年になる。

でも、いい一年になる予感しかない。
自分に期待して、変化していきたい。

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事