toggle
2016-11-04

【速報!】小規模事業者持続化補助金の公募がスタート!〜1/27まで

先日、このブログでご紹介しました小規模事業者持続化補助金の公募がスタートしましたので、取り急ぎ速報です。

小規模事業者持続化補助金とは?

正式には平成28年度第2次補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」といいます。小規模事業者の地道な販路開拓や売上拡大の取り組みを支援する補助金です。

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。

従業員数20人以下の個人事業主または会社が対象となります(卸、小売、サービス業は5人以下)。
補助率は2/3上限額は50万円です。
次の取り組みを行う事業者は、上限額が100万円に増額されます。

  1. 従業員の賃金を引き上げる取り組み
  2. 雇用を増加させる取り組み
  3. 買物弱者対策の取り組み
  4. 海外展開の取り組み

補助事業期間中に、「販路開拓(または生産性向上)の取り組み」を実施したことに要する次の費用が対象となります。

  1. 機械装置等費
  2. 広報費
  3. 展示会等出展費
  4. 旅費
  5. 開発費
  6. 資料購入費
  7. 雑役務費
  8. 借料
  9. 専門家謝金
  10. 専門家旅費
  11. 車両購入費
  12. 委託費
  13. 外注費

以前に支給された事業者でも再チャレンジできる

過去の補助事業実施回数に応じて段階的に減点調整を行うとされていますが、以前に採択された事業者でも別事業であれば再チャレンジは可能です。

前回との違い

前回と異なる点は主に次の2点です。

  • 申請類型が3種類
  • 従業員の賃金を引き上げる取り組み
  • 「ITを有効に活用する取り組み」が加点ポイント

申請類型が3種類

次の3種類に申請類型が分けられました。

  1. 一般型
  2. 熊本地震対策型
  3. 台風激甚災害対策型

2は、熊本県全域及び大分県の一部地域(別府市、日田市、竹田市、宇佐市(旧院内町、旧安心院町のみ)、由布市、九重町、玖珠町)に所在する平成28年熊本地震の影響を受けた小規模事業者が対象となります。
3は、北海道空知郡南富良野町並びに岩手県宮古市、久慈市及び下閉伊郡岩泉町に所在する台風第7号、台風第11号、台風第9号及び台風第10号の影響を受けた小規模事業者が対象となります。
おそらく2および3の申請類型は、1に比べて採択されやすいのではないかと推測されます。

増額される取り組み

上限額が100万円に増額される取り組みに「従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者」が追加されました。
少しわかりにくいのですが、極力かんたんにまとめると、

  • 申請日において雇入れ後6か月を経過した労働者を対象として、
  • 「時間当たり賃金額」が最も低い者の「時間当たり賃金額」を4%以上引き上げ、
  • その額を「事業者内最低賃金」とし、
  • それを就業規則等に明記し、
  • 少なくとも基準日から6か月間、事業者内最低賃金の引き下げ・解雇等を、行なわない

ということが条件のようです。

ITを有効に活用する取り組み

加点審査ポイントに「補助事業計画には、ITを有効に活用する取り組みが見られるか」という記載が追加されていました。
申請書類内に盛り込むことができれば加点となります。

申請の注意点は?

申請の注意点は、次の通りです。

  1. 2つの〆切
  2. ローカルルール
  3. 新たな取り組みであること
  4. 誤字・脱字・書類不備はそれだけで不採択
  5. 経費は3つくらいに絞って
  6. 公募要領にヒントがある

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

弊社でも小規模事業者持続化補助金の申請をサポート

弊社でも小規模事業者持続化補助金の申請をサポートし、事業者様の採択率を上げるお手伝いをしています。
サポート内容等は追って当ブログでもお伝えします。

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事