toggle
2014-06-27

NPO法人の資金調達に朗報!*NPO法人の信用保証解禁へ*

これからNPO法人を設立される方、NPO法人で資金調達でお悩みの方に朗報です。
NPO

NPO法人の信用保証が解禁されます。

これまで日本政策金融公庫の融資はNPOも対象となっていましたが、信用保証協会の信用保証を利用する融資において、NPO法人は対象外でした。
ですので、日本政策金融公庫のみに選択肢が限定されていました。 ところが、

NPOに信用保証解禁へ 中小企業庁、福祉・雇用の受け皿に

中小企業庁は2015年度にも、NPO法人に信用保証制度を解禁する方針だ。信用保証協会が公的な債務保証を付けることで、金融機関がNPO法人への融資に応じやすくする。公益性が高く一定の事業力が見込めるNPO法人の資金繰りを支え、社会福祉や地域雇用の受け皿として育成する。 (日本経済新聞電子版より)

事業計画書が重要

2015年度にも、資金調達の選択肢が大きく広がることになり、ひいてはNPO法人の活躍の場が一気に広がることが期待されます。
とはいえ、事業計画書や資金計画がしっかりしていないと、創業時の融資は難しいことはNPO法人も同じ。 むしろ営利企業より厳しい部分もあるかもしれません。

NPO法人設立+創業融資

弊所はNPO法人設立手続きに力を入れています。
代表の私自身がNPO法人出身で、NPO法人の空気感や独特の事情なども体感してきました。
また創業融資のサポートにも力を入れています。 NPO法人は設立の段階で設立趣旨書を作成しますが、 そのときにNPO法人を設立する[思い]をうかがいます。
創業融資においては、思いは思いのままではなく、金融機関に伝わる形にする必要があります。 弊所では、思いをきちんと汲み取り、その上で金融機関にも信用頂けるよう、きちんとした事業計画書するお手伝いをします。
NPO法人の設立のみでなく、資金調達の部分でもお力になれれば嬉しく思います。
ぜひお気軽にご相談下さい。

[ 無料相談: 042-512-7350 ]
(「ブログを見た」とお伝えください)

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事