toggle
2015-05-27

ソーシャルプロダクツのショッピングモール*SoooooS.(スース)

SoooooS.(スース)というネットショッピングサイトを発見しました。

SoooooS.(スース)とは

オーガニックやフェアトレード、復興応援など、人や地球にやさしい暮らしのためのショッピングモール

とのこと。

ソーシャルプロダクツ

  • オーガニック
  • フェアトレード
  • 3R(リサイクル・リユース・リデュース)
  • 伝統

などのカテゴリーの社会貢献性の高い商品。
いわゆるソーシャルプロダクツが販売されています。

スクリーンショット 2015-05-26 18.14.19

早速、会員登録してみました。
FacebookやTwitterのアカウントから簡単に登録出来ました。

ポイントも寄付できますし、寄付つきの商品も充実しています。

スクリーンショット 2015-05-26 18.18.41

単純に魅力的な商品が売っていますし、サイトのデザインもかわいいですし、全体的に非常に買い物がしやすい導線になっています。

ソーシャルマーケティング

SoooooS.には、法人向けのサービスもあるようです。
それがソーシャルマーケティングのコンサルティング。

「ソーシャル マーケティング」とは、今大変注目されているマーケティングの概念・手法で、これまでのマーケティングと比べ、企業やブランドの社会に対する関わりをより 重視して展開されます。具体的には、ブランドの概念と合致する社会的取り組みを商品の売り上げの一部を通じて支援することで生活者の共感を得るといった手法(コーズマーケティング)などがあり、企業やブランドの抱える課題(収益やイメージの向上等)と社会的な課題(環境問題や貧困問題等)の両方の解決を目指すところにその特徴があります。
SoooooS.カンパニー 法人向けサービスHPより抜粋)

ソーシャルな潮流

最近、「何でも”ソーシャル”って付けやがって」という方がいました。
確かに(苦笑)

しかし、CSR(Corporate Social Responsibility =企業の社会的責任)が重要視されている昨今、マーケティングやブランディングとCSRを一体で行う取り組みは今後より注目されるものと思います。
融資や補助金でも、事業の収益性だけでなく、社会貢献性が問われるものも増えてきています。
CSR=大企業のことではなく、ソーシャル=NPOのことでもなく、中小企業も意識すべきことになりつつあり、今後このトレンドは強まりそうです。ソーシャルな潮流を感じます。

まさにソーシャルストリーム?などというとまた皮肉られてしまいますが(笑)。

このブログを書いているのは

創業サポーター・行政書士
若林哲平

>>プロフィールはこちら

メッセージ・お問い合わせ

メッセージ・ご相談は下記フォームよりお寄せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

関連記事